【まとめ】インターフェイスやネットワーク転送速度まるでわからん

この記事は約3分で読めます。

みなさん、こんにちわ。Vectory(@vectorywork)です。

AMDがPCIe4.0対応して、200Gbps Infinibandシステムも増えてきましたね。

インターフェイスやネットワーク速度については様々な規格や世代があるのでチンプンカンプンな人いませんか?←私です。

単位もbps(bit)だったり、B/s(byte)だったりでバラバラなので、ますます混乱します。

そこで今回は各インターフェイスの規格ごとの速度をまとめてみました。

いわゆる自分用のメモです。

間違っているところがあれば指摘いただけると嬉しいです。

CPUに近いほど速い(ハズ)

基本的には各規格はCPUに近いほど速いです。

「CPU-ディスク」の速度に比べて、「CPU-メモリ」の速度のほうが速いといった感じです。

当てはまらない場合もありますが、CPUとの距離が離れて行くとスピードが遅くなって行くと考えるとイメージしやすいと思います。

それでは行ってみましょう。

メモリ

x1x8ch
DDR4-320025.6 GB/s204.8 GB/s
DDR4-426634.1GB/s273.0 GB/s
DDR5-480038.4 GB/s307.2 GB/s
DDR5-640051.2 GB/s409.6 GB/s

メモリ帯域についてはこちらの記事もどうぞ⇒【基本】CPUやGPUのメモリバンド幅の計算方法と測定方法(DDR4/GDDR6/HBM2等)

PCI Express

x16
PCIe3.0126 Gbps15.7 GB/s
PCIe4.0252 Gbps31.5 GB/s
PCIe5.0504 Gbps63.0 GB/s
PCIe6.01008 Gbps126.0 GB/s

Wikipedia-PCI Express

Infiniband

x4
QDR40 Gbps5.0 GB/s
EDR100 Gbps12.5 GB/s
HDR200 Gbps25.0 GB/s
NDR400 Gbps50.0 GB/s
XDR1000 Gbps125.0 GB/s

Wikipedia-Infiniband

USB

USB2.0480Mbps60MB/s
USB3.05 Gbps625MB/s
USB3.1Gen210 Gbps1.25 GB/s
USB3.2Gen2x220 Gbps2.5 GB/s
USB4.0Gen3x240 Gbps5.0 GB/s

Wikipedia-USB

SATA

SATA1.01.5 Gbps0.15 GB/s
SATA2.03 Gbps0.3 GB/s
SATA3.06 Gbps0.6 GB/s

Wikipedia-Serial ATA

Wifi

Wifi40.6 Gbps75MB/s
Wifi56.9 Gbps862MB/s
Wifi69.6 Gbps1.2 GB/s

Wikipedia-IEEE 802.11

スマホ通信(移動体通信)

4G(IMT-Advance)1 Gbps0.125 GB/s
5G(IMT-2020)20 Gbps2.5 GB/s
6G100Gbps<

NVLink

NV-LINK Gen350 GB/s(x1)600 GB/s(x12)

Wikipedia-NVLink

Tofu Interconnect D

Tofu Interconnect D6.8 GB/s54.4 Gbps

fujitsu-The Tofu

おわりに

とりあえず、バババッとまとめてみました。

こう見ると、一般規格はメモリ以外はbpsで書かれていますね。

独自規格のTofuやNVLinkはB/sは書かれていますね。

なんで統一されないんでしょうね。

さらにはGiBとかも出ててさらに混乱します。

シンプルに出来ないものなのでしょうか。。

その他もちょこちょこ追記していけたらと思います。

ではまた!